ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • ホット・ニュース

当研究所所長の藤原伸吾が『職場のパワーハラスメントと対応実務』をテーマに「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2018年12月号)で出講しました!

2018.12.3

 このたび、当研究所所長の藤原伸吾が「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2018年12月号、プラチナ会員向け、約5分収録)にて、『職場のパワーハラスメントと対応実務』をテーマに出講しました。

 今年は、スポーツ界や芸能界などでパワーハラスメントが大きく取り沙汰され、社会問題化しました。職場におけるパワーハラスメントも近年増加の一途をたどっており、パワハラ防止対策を講ずることは今や喫緊の課題になっているといえます。
   パワハラは、現時点では、具体的な法律の整備がなされていませんが、今後、セクハラやマタハラなどと同様に、雇用管理上の措置が法令によって義務付けられる見通しです。こうした中、企業としては、今のうちから具体的な対応策について検討を行い取り組んでいくことが重要といえます。
 本講では、パワーハラスメントの定義から企業がとるべき具体的な対策まで分かりやすく解説しています。

 本CDは、「日経トップリーダー」のプラチナ会員向けCDで、多忙な経営者向けに、移動時間などに手軽に聞けるよう制作されたものです。「日経トップリーダー・プラチナ会員」の詳細は、日経BP社にお問い合わせ下さい。
http://nvc.nikkeibp.co.jp/nvp/

PAGE TOP