ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • ホット・ニュース

当研究所所長の藤原伸吾が「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2017年8月号)で『改正個人情報保護法のポイントと従業員の個人情報管理の実務上の留意点』をテーマに出講しました!

2017.8.1

 このたび、当研究所所長の藤原伸吾が「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2017年8月号、プラチナ会員向け、約5分収録)にて、『改正個人情報保護法のポイントと従業員の個人情報管理の実務上の留意点』をテーマに出講しました。

 2005年に個人情報保護法が施行されてから10年余りが経ちますが、この間に情報通信技術が急速に進展し、最近では、顔認証データや指紋認証データなど個人情報に該当するかどうかの判断が困難なグレーゾーンの拡大や、匿名加工情報、いわゆるビッグデータへの対応など、法制定時には想定されなかったような問題が顕在化しています。
 こうした中で、このような状況に対応するために、今年の5月30日に個人情報保護法が改正施行されることとなりました。
 本講では、法改正後の適用範囲や手続き、実務上の留意点について分かりやすく解説しています。

 本CDは、「日経トップリーダー」のプラチナ会員向けCDで、多忙な経営者向けに、移動時間などに手軽に聞けるよう制作されたものです。「日経トップリーダー・プラチナ会員」の詳細は、日経BP社にお問い合わせ下さい。
http://nvc.nikkeibp.co.jp/nvp/

PAGE TOP