ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • ホット・ニュース

当研究所所長の藤原伸吾が「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2017年4月号)で『時間単位年休の有効活用とその留意点』をテーマに出講しました!

2017.4.3

 このたび、当研究所所長の藤原伸吾が「日経トップリーダー・トップの情報CD」(日経BP社発行、2017年4月号、プラチナ会員向け、約5分収録)にて、『時間単位年休の有効活用とその留意点』をテーマに出講しました。

 昨今、労働力人口の減少に伴い、新規学卒者をはじめとする人材の確保が厳しさを増しており、また、育児や介護、疾病等と仕事の両立が必要な労働者が増加していることなどから、企業としては従業員の多様化を認めつつ活躍できる職場を提供していくことが求められています。
 このような状況の中、優秀な従業員を確保し定着させるためには、会社が積極的に働きやすい職場環境を整えていくことが必要であり、その取組みの一つとして時間単位年休の有効活用が挙げられます。
 本講では、時間単位年休の趣旨や労使協定で定めるべき事項、実務上の留意点について分かりやすく解説しています。

 本CDは、「日経トップリーダー」のプラチナ会員向けCDで、多忙な経営者向けに、移動時間などに手軽に聞けるよう制作されたものです。「日経トップリーダー・プラチナ会員」の詳細は、日経BP社にお問い合わせ下さい。
http://nvc.nikkeibp.co.jp/nvp/

PAGE TOP