ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • ホット・ニュース

『会社法務A2Z』4月号で、「進展する従業員の高齢化に対応する雇用システムと賃金・人事システムの在り方~制度設計に触れて~(下)」について執筆しました。

2013.4.1

 『会社法務A2Z』4月号において、当研究所所長 藤原伸吾が「進展する従業員の高齢化に対応する雇用システムと賃金・人事システムの在り方~制度設計に触れて~ (下)」を執筆いたしました。

 2ヵ月連載の第2回となる今号では、高年齢者雇用安定法の改正によって、原則として従業員を65歳まで雇用しなければならなくなることに対応するため、継続雇用者の処遇の決定方法、高齢化や経済環境の変化に対応し得る現役世代の賃金・人事システムの在り方とその構築方法についてわかりやすく解説しております。

 また、前号では、高年齢者雇用の必要性と対応策の基本方向について解説しておりますので、未読の方はそちらも合わせて、ご覧下さい。

PAGE TOP