ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

労働政策審議会建議「時間外労働の上限規制等について」が公表されました

2017.6.16

厚生労働省は、労働政策審議会が厚生労働大臣に対して行った「時間外労働の上限規制について」の建議を公表しました。
この建議は、2017年3月に政府が決定した「働き方改革実行計画」を踏まえ、長時間労働是正のために必要な法整備等の所要の措置についてまとめられたものです。
建議の概要は、以下のとおりです。

1.時間外労働の上限規制の整備
・法定時間外労働の上限は原則として月45時間、年360時間
・臨時的な特別の事情がある場合の労使合意による特例を適用した場合には、年720時間
・上記の場合でも、単月では休日労働を含み100時間未満、かつ2か月ないし6か月平均で80時間以内
・原則である月45時間の時間外労働を上回る回数は、年6回まで    等
2.勤務間インターバル普及のための努力義務規定の導入
3.長時間労働に対する健康確保措置

厚生労働省は、この建議の内容を踏まえ、法案要綱を作成し、労働政策審議会に諮問する予定です。

詳細は以下の頁を参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000166799.html

PAGE TOP