ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

労働政策審議会建議「同一労働同一賃金に関する法整備について」が公表されました

2017.6.16

厚生労働省は、労働政策審議会が厚生労働大臣に対して行った「同一労働同一賃金に関する法整備について」の建議を公表しました。
この建議では、昨年末に政府が公表した「同一労働同一賃金ガイドライン(案)」の最終確定に向けた検討及び以下の項目に関する法改正を行うことにより、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇差の実行ある解消を進めることが必要であるとしています。
・労働者が司法判断を求める際の根拠となる規定の整備
・労働者に対する待遇に関する説明の義務化
・行政による裁判外紛争解決手続きの整備等
・その他パートタイム労働法に定められた短時間労働者に対する規定について、フルタイム労働者についても同様に
    これらの規定の対象としていくこと 等

厚生労働省は、この建議の内容を踏まえ、法案要綱を作成し、労働政策審議会に諮問する予定です。

詳細は以下の頁を参照してください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000167781.html

PAGE TOP