ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

平成27年度「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果が公表されました

2016.2.29

厚生労働省は、昨年11月に実施した「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表しました。
  今回の重点監督は、長時間の過重労働による過労死に関する労災請求のあった事業場や、若者の「使い捨て」が疑われる事業場など、労働基準関係法令の違反が疑われる事業場に対して集中的に実施。その結果、3,718事業場で労働基準関係法令違反があり、その約半数にあたる2,311事業場で違法な時間外労働があったとされています。
  厚生労働省は、今後も、月100時間を超える残業が行われている事業場などに対する監督指導の徹底をはじめ、過重労働の解消に向けた取組を積極的に行っていくとしています。


詳細は
こちらを参照してください。

PAGE TOP