ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」が答申されました

2015.03.05

 労働政策審議会は、「労働基準法等の一部を改正する法律案要綱」についての答申を行いました。 厚生労働省が労働政策審議会に諮問した法律案要綱のポイントは以下のとおりですが、同答申では、労働条件分科会において、5および6について労働者側委員から反対意見があったことから、同分科会の意見を踏まえて法律案を作成するよう求めています。

 1.中小企業における月60時間超の時間外労働への割増賃金率の適用猶予の廃止
 2.健康確保のために時間外労働に対する指導の強化
 3.年次有給休暇の取得促進
 4.フレックスタイム制の見直し
 5.企画業務型裁量労働制の見直し
 6.特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設
 7.企業単位での労使の自主的な取組の促進

厚生労働省は、この答申を踏まえ、法律案を作成し、今通常国会への提出の準備を進めることとしています。

 詳細につきましては、こちらをご参照下さい。

PAGE TOP