ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

全都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました

2018.8.10

厚生労働省は、2018年度の地域別最低賃金額改定に関する地方最低賃金審議会の答申状況を公表しました。全国の加重平均額は874円で、昨年度より26円引き上げられており、最低賃金額が時給のみで示されるようになった14年度以降では最大の引上げ幅となっています。
答申された改定額は、各都道府県労働局での関係労使からの異議申出に関する手続きを経た上で、都道府県労働局長の決定により、10 月1日から10 月中旬までに順次発効される予定です。
結果の概要は以下のとおりです。

各都道府県の改定額や発行予定日は、以下の厚生労働省HPを参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000174622_00001.html
平成30年度地域別最低賃金時間額答申状況
https://www.mhlw.go.jp/content/11201250/000344180.pdf

PAGE TOP