ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

【最高裁判例】ハマキョウレックス事件の判決が確定しました

2018.6.2

ハマキョウレックス事件は、物流会社に雇用されていた契約社員が、正社員と契約社員で手当等が異なるのは労働契約法20条違反であるとして、正社員のみに支払われる6つの手当の支給を求めて提起した訴訟です。
判決では、二審の大阪高裁が認定した無事故手当、作業手当、給食手当、通勤手当に加え、二審では「不合理とまではいえない」とされた皆勤手当を支給しないことについても、不合理であると認めました。
一方、住宅手当については、正社員は転居を伴う配転があることから、正社員のみの支給について不合理ではないとしました。

詳細は以下の頁を参照してください。

(判決文)
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=87784

PAGE TOP