ヒューマンテックのホット・ニュース

  • HOME
  • 最近の法改正の動向・判例等の情報

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案」が今国会に提出されました

2018.4.9

政府が今国会での成立を目指している「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」が、4月6日に閣議決定され、通常国会に提出されました。
同法案は、2017年9月に労働政策審議会で答申され、法律案が作成されましたが、その後法案の内容・施行時期が修正されています。
法律案の概要は以下のとおりです(施行日:記載のあるもの以外は2019年4月1日)。

1.労働基準法等の一部改正
① 時間外労働の上限規制の導入(中小企業の施行日:2020年4月1日)
・時間外労働の上限について、月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満(休日労働含む)、2~6か月平均80時間(休日労働含む)を限度とする旨を規定
② 中小企業における時間外労働に対する割増賃金の見直し(施行日:2023年4月1日)
・月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率(50%以上)について、中小企業への適用猶予措置を廃止
③ 年次有給休暇の時季指定付与の義務化(最大5日)
・10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、うち5日について、毎年、時季を指定して与えることを義務化
④ フレックスタイム制の清算期間の拡大
・フレックスタイム制において、労働者が労働すべき時間を定める期間(清算期間)の長さの上限を、現行の1箇月から最大3箇月へ拡大
⑤ 特定高度専門業務・成果型労働制(高度プロフェッショナル制度)の創設
・職務の範囲が明確で一定の年収(少なくとも1,000万円以上)を有する労働者が、高度の専門的知識を要する等一定の業務に従事する場合に、所定の健康確保措置を講じること、本人の同意や労使委員会の決議を要件として、労働時間・休日・深夜の割増賃金等の規定の適用除外とする規定を新設
・同制度の対象者について、在社時間等が一定時間を超える場合には、その者に医師による面接指導を受けさせることを義務化(※労働安全衛生法の改正)
⑥ 勤務間インターバル制度の普及促進
・労働者の前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間に、インターバル(一定時間の休息)が確保されるよう事業主の努力義務規定を新設(※労働時間等設定改善法の改正)

2.労働安全衛生法等の一部改正
⑦ 産業医・産業保健機能の強化
・事業者に対し、産業保険業務を適切に行うために必要な厚生労働省が定める情報の産業医への提供を義務化
・産業医が事業者に対し労働者の健康管理等に関する勧告を行った場合に、事業者が衛生委員会等において当該勧告の内容等を報告することを義務化
・産業医を選任した事業者に対し、産業医の業務の内容その他厚生労働省令で定める事項を、掲示等により労働者に周知させることを義務化
⑧ 面接指導等
・「新たな技術、商品又は役務の研究開発に係る業務」に従事する労働者に対する面接指導及び事後措置の規定を新設
・面接指導等労働者の健康確保措置の実効性を確保する観点から、労働時間の把握方法について省令で定める方法により把握することを義務化

3.短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律(パートタイム労働法)等の一部改正
⑨ 有期雇用労働者を法の対象に含めることとし、法律名を「短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律」に改正
⑩ 不合理な待遇差を解消するための規定の整備
(大企業の施行日:2020年4月1日 中小企業の施行日:2021年4月1日)
・短時間・有期雇用労働者と通常の労働者の待遇に不合理な相違を設けることを禁止
・上記に関し、「何が不合理か」は個々の待遇ごとに、当該待遇の性質・目的に照らして適切と認められる事情を考慮して判断されるべき旨を明確化
・有期雇用労働者について、通常の労働者と①職務の内容、②職務内容・配置の変更範囲の2点が同一である場合の均等待遇の確保を義務化
⑪ 労働者派遣法の改正による派遣労働者の均等待遇確保(施行日:2020年4月1日)
・派遣労働者の待遇決定に際し、①派遣先の労働者との均等・均衡待遇、②労使協定による待遇(同種業務の平均的な賃金として厚生労働省令で定めるものと同等以上の賃金等)のいずれかを確保することを義務化
・上記の措置のため、派遣先事業主に対し、派遣先に雇用される通常の労働者であって、派遣を受けようとする業務の比較対象労働者となる者の賃金その他の待遇に関する情報を、派遣元事業主へ提供することを義務化
・派遣元事業主は上記の情報の提供がなされないときは労働者派遣契約を締結してはならない旨を規定

詳細は以下の頁を参照してください。
(概要)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/196-31.pdf
(法律案要綱)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/196-32.pdf

PAGE TOP